ドライブ時の上手な休憩の方法特集

ドライブに出ていて、渋滞などに捕まってしまって降りることができないというのは、お盆などの高速道路ではよく聞く話です。

 

 

しかし運転をしている時の姿勢というのは実は腰や肩に大きな負担がかかるので、できれば定期的に休憩を取りたいところです。

どうしても降りれない、けれど休憩はしたい。そんな時には運転席でできるストレッチをやってみると良いです。

軽く体を動かすだけでも、凝り固まった筋肉が解されて、スッと疲れを抜くことができます。

渋滞中ならしばらく車は動きませんし、運転席の中で行うストレッチをするのに問題はありません。

両腕を組んで伸ばす、腰を軽く捻るとった、本当に簡単なものでいいのです。運転中の姿勢が体に負担がかかるという理由のひとつが、ずっと同じ姿勢で固定されているということだからです。

他には、ハンドルを持って手を伸ばした体勢のまま長くいるため腕に負担がかかりやすい、ブレーキやアクセルを踏むのに効き足を主に使うため、片方の足ばかり使うことで疲労のバランスが崩れてしまうといったことがあります。

 

 

上記のようなことを意識して体を解せば、後々の肩こりや腰痛を防ぐのにとても良いです。また、その後車を降りた時には改めて体を解すようにしてください。