道の駅の目的について

道の駅は、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアに相当する施設で、一般道の休憩所として整備されたものとなります。

この駅は、国土交通相により登録された施設になっており、その目的には大きく3つあります。ビューティー15

 

1つ目は、一般道を利用する自動車の運転手や同乗者が休憩する場所としての役割があります。この駅は、登録条件として24時間利用可能な駐車スペースとトイレを設置していることよなっているため、24時間いつでも休憩の場として利用することができます。

 

2つ目は、情報発信の施設の役目があります。この駅では、周辺の道路の状況や観光情報などを利用者に提供するということがあります。

 

 

そして、3つ目としては地域間のつながりを持たせるという役割もあります。この施設は、今日では運転手などの休憩所のみならず、直売所の設置や大型売店の設置などにより、これを目指して訪れる人も増えており、地域の活性化にも役立っています。休憩場所としては、特に田舎などでは24時間開いているお店などが少ない場合も多く、夜中に一般道を走るドライバーにとっては、休憩スポットとして重要な場所になっています。

 

 

また、概ね10キロ程度の間隔で設置されているため、急な休憩時にも有効に利用できます。

コメントは受け付けていません。