SAとPAの違いって?

高速道路にある休憩所のSAとPAには、サービス内容などにより違いがあります。

 

PAはパーキングエリアの略で、パーキングエリアは一般的には駐車場とトイレおよび小さな売店が場合によってあるという設備になっています。一方のサービスエリアにはパーキングエリアの設備に加え、食堂や大型の売店、ガソリンスタンドなどを備えた設備になっています。パーキングエリアは高速道路の15キロ間隔で、サービスエリアは50キロ間隔で概ね設置するようになっています。

 

そのため、小休止をしたい場合には比較的短い区間にあるパーキングエリアを利用することで、必要なときにすぐに休憩を取ることができます。一方、食事をしたり、おみやげなどの買い物を行いたい場合には、サービスエリアの利用が向いています。サービスエリアでは、売店の規模なども大きい場合が多いため、高速道路でおみやげを買いたい場合などには特に向いています。また、サービスエリアには温泉設備や宿泊施設、遊ぶ場所などを備えた施設もあるため、リフレッシュしたい場合などには特に向いている施設になります。

 

ただし、サービスエリアは現れる間隔が長いため、急なトイレや眠気によりすぐに仮眠を取りたいなどの場合には、多く存在しているパーキングエリアを利用することが有効な場合もあります。

コメントは受け付けていません。