SAとPAの設置間隔について

高速道路にあるサービスエリアとパーキングエリアには、それぞれ違いがあり特徴があります。

 

まずは、パーキングエリアは、駐車場やトイレ、小規模な売店などを備えた施設を言います。サービスエリアは駐車場やトイレに加え、食堂や大型の売店などを備えた施設です。一般的に、パーキングエリアよりサービスエリアの方が、規模が大きいという特徴があります。このサービスエリアとパーキングエリアには、設置間隔が決められています。サービスエリアは概ね50キロから60キロ間隔で設置されています。一方のパーキングエリアは、隣のサービスエリアもしくはパーキングエリアから、10キロから15キロ程度離れた間隔で設置されています。そのため、急にトイレに行きたくなった場合や、疲れなどですぐに休憩したい場合は、パーキングエリアの方が見つかる可能性が高いため、パーキングエリアを利用するのが便利です。食事を取りたい場合や、おみやげの購入などを行うことを目的とする場合には、サービスエリアを利用する方が有効的です。

 

サービスエリアには、温泉などの施設や、宿泊施設があるものもあるため、比較的ゆっくり休みたい場合には特に活用が便利になっています。

コメントは受け付けていません。