ドライブ中の休憩スポットについて

ドライブをする場合には、一定の時間を目安に休憩を取ることが重要になります。

 

特に、長距離を運転する場合には、疲れにより注意力が落ちたり、眠気などにより思わぬ事故に繋がりかねないためです。運転中に休憩するスポットとしては、高速道路と一般道では異なってきます。まず、高速道路の場合には、サービスエリアもしくはパーキングエリアが一定間隔を目安に設置されています。いずれの場所も、駐車スペースとトイレが設置されているため、トイレに行ったり駐車スペースで休んだり仮眠を取ったりできます。サービスエリアでは、駐車スペースに加え、売店や食堂なども設置されています。そのため、食事を取ったり、食べ物を購入したい場合にはサービスエリアが向いています。一方の、一般道の場合には道の駅が、サービスエリアやパーキングと同じようなはたらきをしています。道の駅にも、駐車スペースやトイレ、売店や食堂などが設置されています。また、一般道などでは、コンビニエンスストアなども小休止する場所として活用することができます。

 

 

さらに、最近ではサービスエリアや道の駅で、お風呂の施設や宿泊所があるものなど、様々な設備が整えられている場合も多いため、しっかり休みたい場合にはこれらを活用することも、有効な手段となっています。

コメントは受け付けていません。